ジビエ de 忘年会

以前、中野方で地元のおっちゃんたちに美味しいジビエ料理をご馳走になり
その時にご一緒だった飯地のOさんより、忘年会のお誘いが♪
地元猟師さんのアニキが獲られた猪を皆で食べながら飲みながら
猟に興味があるもの同士、語りあおうという、感激のお誘いです。
嬉しくて、喜んで仕事帰りに、行ってきました~。

Oさんが心置きなく飲みたければ、我が家に泊まってくださいって。
寒いので、湯たんぽ持ってきてください!って^^
嬉しいなぁ。
しかし、翌朝から予定があったので帰宅するcocoaでした。
会費は、なんと2000円!
アニキの愛と心意気としかいえぬ、激安の金額です・・・。
感謝です。
cocoaは、ジビエにあうであろうと想像するワインを2本持っていきました♪

山をどんどん登って行かなくてはいけない飯地。
この時期なので凍結してる箇所もあり、初めて向かう飯地の山道はドキドキ。
17時過ぎで、もう真っ暗なのは、どこもいっしょ~。

待ち合わせ場所まで車で45分。
無事にいつもの仲間と合流、いざ猟師さんのお店へ車で移動!
アニキは居酒屋をされています。不定休だそう。何を食べても美味しいらしい。

アニキです、とOさんよりご紹介していただきました。
c0233524_194156.jpg

アニキは温和でとってもシャイ。
アニキの相棒、福丸というにゃんこは、女の子です、この子が大人しくて可愛いーー。

全部、アニキひとりで、これを・・・。
c0233524_19442754.jpg

c0233524_1943113.jpg

いつでも忘年会はスタートできる状態でした~。
c0233524_19431248.jpg

ああキレイな猪肉。
c0233524_19434629.jpg

デザートまで!
c0233524_19441278.jpg

ひとまず、8人中6人がそろっているので、先にはじめておくことに。
乾杯して炭火で海老焼いて、豚汁ならぬ猪汁を食べていたら、すぐ遅れてきた2人が
ナイスタイミングで勢揃い、再び乾杯~。
c0233524_195115.jpg

c0233524_19534842.jpg

遅れてきたSちゃんと男性、男性は山に関する講習会でよくお見かけする。
なんとOさんの旦那様でした!あ、そういえば同じ苗字~^^。
ってことでややこしいので奥様のOさんをA子さんといたします。
持ってきたワインが美味しいと飲んでくださって、嬉しい♪

アニキの作る、猪肉料理、どれも最高!!!
この豚汁ならぬ猪汁、なんとまぁコクのある旨味か。
c0233524_2193576.jpg

炊き込みご飯、めっちゃうまいーー。
A子さんが「この炊き込みご飯、神!」って^^!!
いや、ほんとうにその通りです。同感でした。
c0233524_2192161.jpg

新鮮な猪肉だから、甘味がでるそうです。
味付けはめっちゃシンプル。なのに味わい深いのは、猪の脂の旨味だそう。
旨味と甘みが絶妙の、猪飯!
「ああ美味しい!!」連発。
みんな、おかわりしまくりー。
あっというまに完食。
c0233524_21125086.jpg

以前、中野方でいただいた猪の脂身もそれはそれは美味しくて・・・。
以来、猪肉が大好き、特に脂身が最高に好きになって、とりこ♡

この日もめちゃくちゃ美味しかったので、これは雌かとお聞きしたら、ビンゴ。
雌の50㎏だって!
納得です~。
中野方でも、おっちゃんが「美味しいのは雌で、50~60㎏だ。」とおっしゃっていました。

発情期の猪は味が落ちることや、
血抜きのタイミングなども教えてくれて興味深々。
解体したいってゆうときました~。

いのち に関わる全部を知りたいのです。
自分でやりたい。
自分の中でいのちをいただくって、どうゆうことか。
いのちで、いのちを繋ぐことを、自分の手で、感じとりたいって想うので、
解体もしたい。

まだまだアニキが出してくれる・・・・。おなかいっぱいの皆でした。
c0233524_21132158.jpg

でも、ありがたくいただきました。

猟の話になり、アニキが
「どうしても撃てんのよ・・・。」と。

腕のいいアニキが、撃てない動物がいる。
それは、猿。

猟師のアニキ。
仕事で駆除を依頼されます。
上矢作では、猿が農作物を荒らすので、大変な事態だそうです。
Y子さんは、上矢作に住んでいるので、「もうね、ここ何年も、さつま芋や南瓜が採れんの。
全部、やられるの・・・。」とおっしゃっていました。
周りには山に囲まれているので、動物は猿だけではないのですが、猿の被害は深刻なので
駆除の依頼がくるそうです。

「食べてやることもできんしな・・・。」と涙ぐむアニキ。

食べること。
いただくことが、命に対して命で返すことができる、供養というか
いのちを繋げることでもあると思うので、アニキのこの言葉に、胸が詰まりました。
わかる・・・それ!って。

植物でも動物でも、いのちがあり、そのいのちをもらって、生きている。
だから、単に仕事だから、はい、撃って、ハイ終わり!じゃない。
自然や動物への敬愛があるアニキには、それは嫌なことなんだと思う。
食べてやれない=ありがたく感謝して、いただけない。だと思う。

アニキの猟師としての、想いにじーんときました。

皆、いのちに対して真剣な人ばかり。
そんな繋がりで集まっていることが、嬉しかったです。

皆が帰ってから、アニキは、全部食べてくれて美味しいっていってくれて
ありがとう、ありがとうって何度もそう言って涙していたとA子さんから聞きました。
じーん・・・。

そんなアニキ、大好き!!

そして、やっぱり、どこか猟に魅かれる自分がいます。
[PR]
by cocoa0326 | 2014-12-25 20:34 | Gibier