腐らない肉。

実体験で分かったこと。
cocoaの場合、こちらでいただく鹿肉は乾癬に影響を及ぼさず。
といっても、今のところいただいているのは、雌の鹿肉で、若い子です。
ひょっとしたら雄と雌の違い、年齢でちょっとした差があるかもしれないので
今期の狩猟シーズンで引き続き、実体験しまーす。

草食動物の鹿は、同じ草食動物の羊に近いのかも。
(乾癬の人は、ラム肉OKです。ラム肉の臭いがダメで食べないけど。)
雑食の猪は・・・豚肉に近いのかな。
そんなふうに想う。

しかし、豚肉ほど影響がでない(痒くならない)のが、猪肉。
あ、でも猪肉をいただくときは、必ずアルコール呑んでる!
アルコールがすすむので、猪肉よりアルコールで炎症が起こっている様な気が・・・。
アルコールで血流がよくなったかのようですが、cocoaの場合はそれとは違います。
アルコールの分解能力が、元々弱いのです。(すぐに顔が赤くなる)
それに肝臓も人より弱いのは、検査したわけではありませんが、昔、冷え取り結果で
分かっていますし^^。臓器全般、弱い。
処理できない毒素が血液と一緒に流れ、それが肌に出ているだけ。
だってある意味、溜まった処理できない毒素を出すのが乾癬でもあるので、
乾癬は肌に出してくるものだから、そら、アルコールの毒素も出るわ!ってことで、
赤く盛り上がったり、結果痒みが出る。
その場で痒くなることも。
(やらしいけど、安いワイン*粗悪品は、すぐ反応出るし悪酔いします。)
・・・そこまで自分で判っているなら、って感じでしょー。アホでしょー。
でも、たまに呑む美味しいアルコールは、やっぱり美味しいもん。
しかも、美味しい料理と一緒なら、呑んじゃうやーん。
美味しくて楽しいし。

しばらくアルコールなしで、猪肉だけの反応を見ようかと。
実験、実験^^♪

ちなみに外食をはじめ、スーパーのお肉は、必ず乾癬に影響が出ていました。
サプリを飲んでからは、昔ほど出ることはありませんが、出るのは出る。
そんなことを想っていた、先日。

Tさんが、「6/1に落としたボワァ?? 解凍後、2週間冷蔵庫で熟成。
ヨシダのBBQソースに漬け込み炭火焼き??
リブに付いたロースが絶品❗
しかし、何故腐敗しない!?
仕込む前の肉は触った感じヌメヌメで、豚肉だったら変色して
臭く成ってるのに全く、、むしろ表面がトロってして光沢が有り美味しそう
ジビエ熟成は奥が深い…」
c0233524_9445666.jpg

と。
cocoaが想像するに、腐る、腐らないは、食べている餌なんじゃないかと思いました。
腐る肉とは、この場合はスーパーの豚肉を例えていますので、それは抗生物質、
ホルモン剤いっぱいの餌で育っているから?
野菜だって有機肥料でも腐るけど、無肥料は腐らず枯れるので、
それと同じ原理なのかなぁと。
しかも野生鳥獣はゲージに入ってない、自然の中で、動き回っている。

食べているものでカラダは創られている。
やっぱり口にするものって大事。 ←平気で脱線食事しているので説得力無し!!!
[PR]
by cocoa0326 | 2015-07-09 06:08 | Gibier